バナー
明日の為のビジネス情報


第21回GM破綻とその影響

自動車最大手ゼネラルモータス(GM)は境対策技術の対応遅れと大型車中心の生産体制で小型車の生産能力がなく金融恐慌で売り上げが落ち込んでおり、破綻処理の事前準備を急いでいる。破綻処理はいよいよ最終局面になっており、主な関係者からあらかじめ再建計画への同意を得て迅速な再建手続きが可能な「事前調整型」の破産法申請<連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)>に向けて調整を急いでいる。再建策を一歩誤れば世界の景気に悪影響を与えかねないので細心の注意をはらっての再建となっている。
再建内容は「キャデラック」「シボレー」等の優良ブランドは「新生GM」が引き継ぎ、「ポンティアック」「サターン」等の不採算ブランドは「旧GM」が引き継ぎ売却、清算する。
企業は事業を清算するのは簡単であっても事業を構築するのは何十年も掛かる場合も多い。
一度潰してしまえば技術は引き継がれない。今回GMに部品を供給している様々な業者があるがGMの破綻処理のやり方によっては存続に大きく影響を受けるだろう。「新生GM」自身も新たな環境技術を導入した車種導入など技術的なハードルも多い。ようやくこれからがスタートラインに立ったとこと言えるだろう。
☆♪――――――♪
編集後記
国産車の売れ行きはようやく下げ止まる傾向となってきたようだ。トヨタで、売れ行きが好調なのはプリウス等の環境対策車だ。他社対抗上価格を下げたことから利益は多く望めない。これから発売するハイブリッド4車種等プリウス以外のハイブリッド車に利益を期待していると思われる。プリウスは売り上げ増しへの導火線の役割と見れば理解できる。ホンダもフィットにハイブリッドを加えることから今後環境対策車での競争が激しくなる。
☆♪――――――♪
今日の外来語言い換え辞典 (国立国語研究所外来語言い換え提案引用)
グローバル<地球規模> 全体 ★★☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆
意味
ものごとの規模が国家の枠組みを越え,地球全体に拡大している様子
<全地球的・全球的>
複合語例
グローバル企業 = 多国籍企業 超国籍企業 超国家企業
グローバル経済 = 地球経済 世界経済
グローバル社会 = 地球社会 全世界
グローバルスタンダード = 世界標準
使用例
湖沼会議は参加者,中でも一般の住民にとって,グローバルな〔地球規模の〕環境問題についてきちんと認識できる格好の機会となる。
<PR>
下記仕事と旅サイトでは携帯でアクセスできるビジネスマンの為の各サイトをリンクしています。
携帯用https://www.tabi-g.com/

要望問い合わせ他



直線上に配置
|HOME|
<<|戻る|


Copyright 2007-2019 RomanTabito. All rights reserved