バナー
明日の為の経済ビジネス情報


第55回これからの日本(国家予算と財政健全化)

国家予算と財政健全化
 日本の国債発行残高は平成22年には900兆円を超える。景気悪化の影響により下記のように税収が落ち込み税収を上回る国債発行が行われている。
一般会計
歳入
税収37.4兆円、その他収入10.6兆円、公債費44.3兆円総額92.3兆円
歳出
 国債費20.6兆円、地方交付税17.5兆円、一般歳出53.5兆円(うち社会保障関係費27.3兆円うち経済危機対応・地域活性化予備費1.0兆円、決算調整資金繰戻0.7兆円)総額92.3兆円
社会保障費の見直し、公務員給与の見直し、特殊法人見直し、更に特別会計の見直しが必要だが予算収入を見る限り公債費が大きく税収が回復したとしても当面税収が60兆円を終えるのは難しい、少子化による経済マイナス要因も大きく+10%程度の早期の段階的消費税増税は必須となってくるだろう。
☆♪――――――♪
編集後記
最近百貨店の閉鎖のニュースが多くなっている。西武有楽町、京都阪急、心斎橋そごうは大丸になった。百貨店は規模が大きくなければ、利益確保が難しいと言われる、売り上げ減少で利益確保が難しい店舗は消えていく、しかし、小規模でも特色を生かした店舗により生き残ると言う意欲をもった生き残りが期待される。
☆♪――――――♪
今日の外来語言い換え辞典 (国立国語研究所外来語言い換え提案引用)
アミューズメント<娯楽> 全体 ★★☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆
意味
 遊園地やコンピューター機器などによって提供される娯楽
使用例
映画館とアミューズメント〔娯楽〕施設で,初年度七億円の売り上げを見込む。
その他の意味
 <娯楽施設・娯楽機器>

要望問い合わせ他

作成2010.02.01
更新2010.02.01
直線上に配置
|HOME|
<<|戻る|


Copyright 2007-2019 RomanTabito. All rights reserved