バナー
明日の為の経済ビジネス情報


第96回 日本復活の道(復活の操縦室)

2010年11月22日(月)
新設された日銀資産買い取り基金の効果
1.円高に対し、強い「機動性」を持つ日銀基金
日本銀行が新設した資産買い取り基金は、規模や対象資産を機敏に変更できる「機動性」を持ち、市場価格の急変に対して予想以上の抑止力を発揮することが期待される。
2.日本経済復活の操縦室的役割
これまで、日銀の量的緩和政策である、国債買取は日銀券発行残高を上限とする日銀ルールがあり、機動的な景気刺激策としては効果が薄かったが、今回設置された資産買い取り基金は、もっと機動的に運用され景気刺激効果が認められるまで、国際などの買取が可能となった。いわば日銀の景気操縦室的役割と効果が期待できると言える。
3.景気回復へ基金の役割
資産買い取り基金の設置により国債等を買っていた資金は市場に流れることになる。
これは、景気刺激効果となって現れるだろう。過去財政出動による景気刺激策として国債が発行されたときの景気刺激効果はあまり発揮されていない。財政出動は公共工事等により雇用が誘発されるが逆に市場の資本が国債となって凍結され結果的に経済が思うほど活性化されなかったのが1990年代バブル以降の日本の姿である。今回の日銀の資産買取基金はその凍結された資本が動き、経済活性化される意味は大きい。
さらに、①日本の国債発行残高900兆円②資産買い取り基金設置③デフレ景気、この三つのキーワードと15年ぶりの円高を考え合わせると、為替において今後、円安傾向を示すと思われ、それにつれて景気回復傾向となるだろう。
☆♪――――――♪
編集後記
紅葉が美しいこの季節、近くの並木道もきれいな紅葉となっている。写真を撮ろうと思うときはカメラを持っていない、カメラを持って出かけようと思うとすでに暗くなっている。やっと準備整いカメラを持って出かけるころには紅葉も散り初めとなっている。
長いようで短いのが人生、待ってくれないのが機会、思い立ったら実行、走りながら考えなければ間に合わないのが人生、深く考えすぎると物事進まないのが人生、紅葉ひとつで考えさせられる人生である。
政治の世界でも、野党の批判が多いが、建設的な意見がない、不確定要素が多い中で、完璧な政治は望めない、批判ばかりではなく皆でよい方向を目指し、進んでいくしかない。マスコミも同じである、物事には、効果のあるものには副作用もある。副作用を押さえながら良いところを出していくのが進む道、批判的な記事が多いマスコミの建設的な記事も見たい。与党、建設的な案が出てくるが説明が少ない。国民を説得するには将来設計をしてもらいたい。
☆♪――――――♪
今日の外来語言い換え辞典 (国立国語研究所外来語言い換え提案引用)
セキュリティー<> 全体 ★★★☆ 60歳以上 ★★☆☆
意味
 犯罪などから安全を守ること
使用例
 ユーザーが個人情報の漏えいなどセキュリティー【安全】の確保について,十分注意深くなくてはならないことが基本ではある。
その他の言換え語例
<安全性・防犯・保安>

要望問い合わせ他

作成2010.10.11
更新2010.11.21
直線上に配置
|HOME|
<<|戻る|


Copyright 2007-2019 RomanTabito. All rights reserved