バナー
明日の為の経済ビジネス情報


第99回 日本復活の道(農業の工業化)

2010年12月13日(月)
農業就業人口の減少、農業従事者の高齢化によって農業は厳しい状況に置かれている。
衰退する農業を立て直すには、農業の大規模化(株式会社化)、農業の効率化は避けて通れない。
更に、農業の生産性向上の取り組みの推進も行はれている。
以下記事に見られる農業の工業化の取り組みがある。
【朝日新聞2010年10月29日】
ロボットが農業救う? 無人で田植え つくばで開発中
 人がいなくても自動で農作業を進めるロボットの開発を、茨城県つくば市の農業・食品産業技術総合研究機構中央農業総合研究センターなどが進めている。後継者不足などで農業人口の減少が深刻化する中、人間の代わりにロボットが農場を動き回る時代が現実味を帯びつつある。
同センターの実験用圃場(ほじょう)に、田植え機の音が響き渡る。一見、初夏の田園地帯を連想させるが、田植え機には人が乗っていない。自動で方向を変えながら等間隔で苗を植えていく。約30分ほどで、15アールの圃場は苗で埋まった。
 これは10月初旬、同センターで開かれた農作業ロボットの実演会での光景だ。田植え機のほか、トラクター、コンバインなど農研機構が開発中のロボットを、農機具メーカー社員らが見守った。
☆♪――――――♪
編集後記
 気がつけばもう今年も約3週間、一年が早く感じられるのは、私だけだろうか?
何もしない一年は長いが、やりたいことが多くあると一年が短すぎる。
人の一生の長さは不平等だ。
それを補うのは短い時間に多くの課題を解決する日々の努力だろう。
☆♪――――――♪
今日の外来語言い換え辞典 (国立国語研究所外来語言い換え提案引用)
センサス<全数調査・大規模調査> 全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆
意味
 人口や産業など,国や地域の様々な側面に関して,調査対象のすべてを調べる統計調査また,それと同程度の大規模な調査
使用例
 国勢調査など公式のセンサス【全数調査】のデータを地図に表現した
同省が開発したセンサス【大規模調査】の手法は
その他の言換え語例
<大規模標本調査・国勢調査・全国調査>

要望問い合わせ他

作成2010.12.12
更新2010.12.13
直線上に配置
|HOME|
<<|戻る|


Copyright 2007-2019 RomanTabito. All rights reserved