バナー
明日の為の経済ビジネス情報


第144回 国内人口減少とTPP参加の意義2

2011年11月7日(月)
(1)GDP減少をカバーするTPP
今、TPP参加によりGDPがどれだけ伸びるのかと言う疑問があるが、労働人口減少によりGDP減少の
危機にさらされているのが現状である。
どれだけGDPが伸びるかではなく、どれだけ減少をカバーしプラスに転じるかの時代になる。
今後、GDPが減少すれは、農業補助削減に繋がり、国債発行残高の多さがクローズアップされ財政危機、
金乳危機への引き金になり負の連鎖ことは危険湯知的に回避しなければならない。
(2)農業を活性化させ世界に誇れる農業に
ロボットが農業救う? 無人で田植え つくばで開発中
【朝日新聞2010年10月29日】
 人がいなくても自動で農作業を進めるロボットの開発を、茨城県つくば市の農業・食品産業技術総合研究機構中央農業総合研究センターなどが進めている。後継者不足などで農業人口の減少が深刻化する中、人間の代わりにロボットが農場を動き回る時代が現実味を帯びつつある。【以上 朝日新聞 参照】
 農業の大規模化を行はなければ世界に通用する規模の農業に育たない。
農業就業人口の減少、農業従事者の高齢化によって農業は厳しい状況に置かれている。
衰退する農業を立て直すには、農業の大規模化(株式会社化)、農業の効率化は避けて通れない。
農業以外の産業の税金などで捕縄を受けている状況である農業が、製造業などの海外流出で税収が伸び悩む産業構造になりつつある現状から、過去の延長上の農業補助制度は破綻することが目に見えている。それを事前に改革することが危機管理である。
(3)誤解されているTPPと医療制度
TPPにより米国の民間医療保険制度を受け入れなくてはならないと言う意見がある。
しかし、TPPによりそれが直ちに自由化されることはないと思われる。
米国の医療保険制度が良いとは米国も思っていない。
ただ、日本の医療保険制度も問題が多すぎ、TPP参加問題とは別に民間保険制度導入などで改革されるべきだ。
☆♪――――――♪
今日の外来語言い換え辞典 (国立国語研究所外来語言い換え提案引用)
ミッション<使節団・使命> 全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆
意味
 ある目的のため,主に海外に派遣される団体。また,その団体が果たすべき任務。
使用例
 両社は今年2月,北九州市が仁川広域市に派遣したミッション【使節団】の商談会で出会い,開発を進めてきた。
人権が無視され,虐げられた子どもたちの現実を日本をはじめ世界中に伝えていくのが,親善大使のミッション【使命】だと考えています。
その他の言い換え
<使節・派遣団・任務>

要望問い合わせ他

作成2011.11.06
更新2011.11.07
直線上に配置
|HOME|
<<|戻る|


Copyright 2007-2019 RomanTabito. All rights reserved