バナー
明日の為の経済ビジネス情報


第166回 早急な改革が望まれる大学教育

2013年4月8日(月)

覚える教育から考える教育へ
1.答えは一つではない考える教育
過去学校教育は、情報を暗記しテストでよい点を取れば成績は良く卒業できた。
 ところが、覚えるべき内容はインターネットを見れば克明に分かり、情報の確かさの判断が必要だが
 覚える事の重要性は過去よりも低下している。
  今、重要なのは、必要な情報の分析力と、情報の重要性の判断である。
 今、大学教育の問題点として、「勉強しない」「密度が低い」「革新が生じない」
 と言われるが、もう一度原点に戻り考えてみると、「大学教育は考える教育」である。
 覚えるべき情報はネットに幾らでもあるので、それを見ればある程度分かる。
今は情報を如何に利用し価値あるものを作っていくかと言う事に努力しなければならない。
今後、覚えるだけの教育を行っている大学は、価値を失っていくだろう。

2.人を豊かにする教育
政治経済、社会等人が生活する世界は人の心理で動いているのが基本である。
その事を踏まえ学んでいかなければ成らない。

歴史からは、歴史の背景と戦略、人の心を学び
語学からは、人の心を表す力を学び
自然科学からは、物や人の成り立ち、科学との結びつき、を学び

 人を豊かに暮らせる様目的を明らかにし、教育を行う事が必要である。
 それが大学教育である
 覚える事だけではない

3.大学教育の中での学生の目的
大学教育の中で目的を如何に持つかが大切である。
その手法として、勤労学生を積極的に推進し授業も昼間夜間を柔軟にスケジュールできる様取り計らう事も重要である。
学生は勤労を通して目的を見つけ学習意欲が増大する事も念頭における。

☆♪――――――♪
今日の外来語言い換え辞典 (国立国語研究所外来語言い換え提案引用)
ログイン<接続開始> 全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆
意味
 コンピューターシステムを使うための接続開始の手続
使用例
 パスワードの有効期限は約3ヶ月とし,これを過ぎるとログイン接続開始の際にパスワードの変更が必要となる。
<利用開始・接続・利用・接続登録・利用登録・認証>

要望問い合わせ他

作成2013.04.08
更新2013.04.08
直線上に配置
|HOME|
<<|戻る|


Copyright 2007-2019 RomanTabito. All rights reserved