バナー
明日の為の経済ビジネス情報


第196回 新型コロナウイルス対応と経済(諸外国との連携強化と雇用改善) 

2020年 04月26日(日)

 近年、諸外国からのインバウンド需要は経済の浮上に欠かせない要因の一つである。
新型コロナウイルス対応と経済への影響として、諸外国からのインバウンド縮小となって経済的に大きなマイナス影響を受けている。
温度が高くなれば必然的に湿度も高くなり、飛沫感染はほぼなくなる、
海外などで挨拶を濃厚接触で行う国ではウイルス性感染症が夏季でも感染する事例は多い。
夏季、感染者が空調のきいた室内にいれば、日本でも感染すると思われる。
5月以降この夏に国内で一旦収束すると、その間に対策を先手を打って準備実施する必要がある。
海外からの感染は残る可能性があるからである。

1.インバウンド縮小回避の対策として
インバウンドは近年日本の貴重な収入元となっておりそれを縮小しては何を基幹産業とするのだろうか。
他の産業育成も総合的に対応が必要だが、国際交流は必須である。
新型コロナウイルス感染検査(感染病)を出国前事前に実施しその証明を持参していただき、
無感染の方に入国をしていただく協定を諸外国と結び円滑な入国をしていただく取り組みが必要である
(同様相互出国も実施)
また、新型コロナウイルス感染検査を事前実施に対し、相手国に技術的な協力未実施していく、
その検査結果があまり正確でない場合は申し入れや改善をお願いするか、日本主導でで実施も検討する。
これにより、機内船内感染や入国後発症の割合を軽減できるものと考える。
また、インバウンドの回帰を促すことになる。

2.公共輸送における感染症対策
鉄道車両やバス、タクシー等人員輸送事業における空調の換気能力の考察改善をおこなう。
近年禁煙化や空気のフィルタリングが進み、冷暖房機器の換気能力が低下している可能性がある。
特にラッシュ時の輸送をおこなう公共輸送はこの点確認を行う必要がある。
改善が必要である場合補助改善を検討する。問題なければそれをアピールするべきだ。
ウイルスは絶対湿度の低い20度程度であれば生き残る可能性があることから、
夏季など窓を開けられる車両は少し窓を開ける対策も考えられる。

3.雇用縮小に対する対策
新型コロナウイルス対応により、解雇や、雇用縮小が見られ、対応が望まれる。
フリーランスや高齢者の雇用縮小が見られ、対応が必要となっている。
高齢者については、低年齢層の雇用が縮小している中で、皆無状態と変化している。
雇用情勢改善の為、介護の一時的参加などの制度化労働形態の多様化の推進が必要となってきている。

5.医療技術者の確保改善
看護師や医療技術向上の、人員不足解消のため、育成とステップアップのしやすさを加味した制度改革も必要と思われる。
☆♪――――――♪
編集後記
 国際交流は近年必須である、これを止めると日本の未来は見通せない、ここに記述したものだけでは無く他の改善と諸外国との連携を実施ていく必要がある。

<PR> 下記仕事と旅サイトでは携帯でアクセスできるビジネスマンの為の各サイトをリンクしています。
携帯用https://tabi-g.com/


要望問い合わせ他

作成2019.12.01
更新2019.12.01
直線上に配置
|HOME|
<<|戻る|


Copyright 2007-2020 RomanTabito. All rights reserved